【須藤和臣】

すとうかずおみ

自民党

2014年 5月
2014年5月24日館林機械金属工業協同組合 総会
4月、5月は様々な団体の総会シーズンです。 数えてみましたらこの期間、80もの行事に参加していました。
一つ一つの行事には、心を込めて参加致しているつもりなのですが、皆様との公聴活動の方はと言いますと、時間の制約もある事で、なかなか満足いく内容とはなっていません。反省すべき点です。

ところで昨日、私は館林機械金属工業協同組合の総会に参加致しました。
総会後は 簡単な私のスピーチの予定です。
先週、5月24日(土曜日)、足利市にて麻生副総理(財務大臣兼金融担当相)による講演が行われていましたので、 そこでの興味深いお話を受けて、「アベノミクスの現状と未来」として、その内容をお繋ぎさせて頂きました。
内容の概略は以下のとおりです。

「アベノミクスの現状は、みなさまの実感される所、そのままであると思われます。
足利市に来られた麻生副総理は、数年後必ずやアベノミクスは成功を収めるはずと並々ならぬ自信をお持ちです。
それでは、もし成功したと仮定して、私たち日本は、国富と国力を取り戻した暁に、どこへと進んでいけばよろしいのでしょうか。
麻生副総理はこう考えます。
過去の世界史をなぞるならば、イギリスは、産業革命にて巨万の富を得たその後、金融に走りましたし、 アメリカも、自動車、鉄鋼などの産業の隆盛後、同じく金融へと走りました。
近い将来、日本もまた金融へと走るのでしょうか。
それは否です。
麻生副総理は、日本は日本人の特性や得意分野をいかして世界と勝負すべきだと訴えていました。
日本人の長けた特性は、技術力、勤勉性、協調性、団結力といえます。
こうした特性は、まさにチームを持って成す、ものづくりに最も大きな力を発揮するだろうと期待しているというのです。
是非、館林機械金属工業協同組合の皆様には、アベノミクス後も視野に入れた、堅固な ものづくり産業の基盤を、郷土館林に築いて頂きたいと私も心よりご期待申し上げます。 」

この日、総会での歓談の際には、様々な感想やご意見をいただくことができました。
ありがとうございました。




2014年5月21日館林市寿連合会総会(館林市)
館林市寿連合会の総会が、約500名の会員の皆様のご参加のもと、開催されました。
丁度同じ頃(午前11時20分)に渡良瀬遊水地には、天皇陛下、皇后陛下がお越しになっていらっしゃいました。

その日、ラムサール条約に登録された渡良瀬遊水地と谷中村を訪れ、午後は佐野市の郷土博物館にて、田中正造翁の書かれた直訴状や生家を
ご覧になるご予定であったそうです。

次の日には、足尾鉱毒事件の発祥地、足尾にも足を運ばれるとの事。
天皇、皇后両陛下が、足尾鉱毒事件や田中正造翁の足跡をたどられるということは、
没後、百年余りたった正造翁にとっても、きっと嬉しいことであるに違いありません。
そして私達の郷土にとっても、大変喜ばしい事であると思っています。

佐野の郷土博物館前では、一般奉迎も行われると聞いておりましたので、総会時の挨拶では、そうした話題にも触れさせて頂きました。
寿連合会の総会後は、どなたか佐野まで行かれて、両陛下をお迎えした方もいらしたかもしれませんね。

天皇皇后両陛下にあやかり、これからも元気で過ごしたいと、皆様とはそんな語らいをもちました。




2014年5月16日防災士 資格取得へ向けて(1)
5月22日、23日に防災士の資格取得をするため、私は東京に防災士研修講座の受講に行って参ります。

残念な事は、1ヶ月前には講習の資料が届いていたのにも関わらず、すぐに開封せず、ゴールデンウイークまで、そのままにしていた事です。

はじめ私は、二日間の講習に出席すれば、単位取得によってすぐにでも資格を取得できるものと安易に考えていました。

しかし、封筒を開封してみたところ、300ページからなる防災士教本をはじめ、履修確認レポート、防災士試験対策ブックなどが、盛りだくさん入っているのです。

しかも、防災教本の第一講「近年の自然災害に学ぶ」から、第三十一講「地域の再建と復興」まで、すべて読破し、履修確認レポートの空欄を埋める作業と提出が、なんと講習受講前の学習として義務づけられていたのでした。

その衝撃波は、まさに「ムンクの叫び」のごとく私を襲いました。
防災は、県議会の活動においても取り組んでまいりましたので、用語などある程度は理解しているつもりですが、思いの外、テキストの量が多いので、5月1日以来、毎日2~3時間程度、時間を見つけては、学習に費やしております。

何とか講習日までに間に合うよう、がんばりたいと思っています。
「人の命を守る。」ことは、政治の最も大切なことです。

今回、体系的に学ぶことのできる機会があります事に、充実感を覚えつつ、日々取り組んでいるところであります。
                  




すとう かずおみ の県議会での一般質問の様子など を動画でご覧いただく事が出来ます。


すとう かずおみ メールマガジンのご登録について

後援会に関する情報やご入会方法について

copyright© すとう かずおみ事務所. All Rights Reserved.