【須藤和臣】

すとうかずおみ

自民党

2013年 6月
2013年6月6日文教警察常任委員長として
5月定例県議会より、文教警察常任委員長に就任させて頂くことになりました。
6月5日、6日に教育関係、警察関係と二日間にわたり、常任委員会を開催致しました。
その際に委員長としての抱負を述べさせて頂きましたので簡単に記します。

(教育関係)
文教警察委員会にとりまして本年度は、重要な年度であります。
理由は、平成26年度から平成30年度までの5カ年の教育基本振興計画を一年かけて作成する年度だからです。
一年分の仕事が、五年分の影響を及ぼすことになります。
委員の皆様には、そうしたことを踏まえ、群馬県の未来のために、活発に議論展開をして頂くことをお願い申し上げます。
また、教育委員会の皆様におかれましては、文教警察常任委員会での議論を教育基本振興計画に反映して頂けますよう宜しくお願い申し上げます。

(警察関係)
10年来の刑法犯認知件数では、10年前の40753件が、昨年は、20330件と半減しております。
また、検挙率においても10年前の24.7%が、昨年は45.6%と約21ポイントも上昇しております。
こうした成果に対し、敬意を表します。
そうした中、ストーカー事案や配偶者暴力事案の認知件数は2倍から3倍に増加しております。
本常任委員会に、こうしたことに関連する議案も付託されておりますので、委員の皆様には、慎重な審査をお願い申し上げます。

一方、交通事故死亡数等は、県警のご努力にもかかわらず、減少する傾向にありません。
昨今の高齢化社会の到来により、更に増加することが、懸念されます。
委員の皆様には 是非、貴重なご意見やアイデイアを出して頂き、また、マスコミの皆様にもご協力を頂き、県民世論を喚起し、一年をかけて県民への交通事故防止の啓発を行っていきたいと考えております。
皆様のご協力をお願い申し上げます。




すとう かずおみ の県議会での一般質問の様子など を動画でご覧いただく事が出来ます。


すとう かずおみ メールマガジンのご登録について

後援会に関する情報やご入会方法について

copyright© すとう かずおみ事務所. All Rights Reserved.